QA

腰痛と腹痛の意外な関係、かさなれば危険信号?

更新日:

腰が痛い、それでもかなりつらいのに、
お腹が痛いというのも同時にあるときって本当に憂鬱ですよね?
でもこれはなにか危険信号なのでしょうか?

この点につき詳細に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

腰痛と腹痛の関係について

腰痛が起こってきたと言った場合は
例えば重たい物思ったりしゃがんだまま
何かをしていたりなど原因がはっきりと分かるはずです。

一方で不屈の場合も同じようなことが言えるのではないでしょうか?

食過ぎたり胃に2がかかるようなことをしていると、
おなかが痛くなりますものね。

その時はトイレに駆け込むなどすると
一過性のものなので解決することが多いです。

しかしここで気になるのは腰痛と腹痛が同時に起こった場合です。
また同時に起こることが頻繁にある場合は
一体これはどういったことを意味するのでしょうか。

同時に起こるという事はある意味危険信号なのでしょうか。

スポンサーリンク

コレって危険信号?

腰痛と腹痛が同時に起こる場合は以下のような病気考えられます。

胃潰瘍や胃炎が発生している場合があります。
勿論人によってはその痛みがまちまちですので
必ずしもいいわけでは無いのですが、
少なからずみぞおち辺りが痛みだしいたときは要注意だと言えるでしょう。

他にもびっくりするかもしれませんが
これら2つが同時に起こるような場合、
病気として心筋梗塞が挙げられます。

心臓神経と腰にある神経経路が同じ神経幹を通っているので、
心臓の痛みが生じるのと同時に腰が痛いということにつながってくるのです。

他にも腎臓や直腸などの病気でも関連してきますし、
また盲腸になっている可能性もあるのです。
さらには泌尿器や大腸などの病気にも関連してきますので、
腰痛が起こって同時におなかが痛くなると言う時は、
必ずどこの科でもいいので、病院で診てもらうようにしましょう。

仮に先生からの答えが分からなかったとしても、
精密検査を受けることによって小さな病魔を発見することができるかもしれません。

これらの症状が続く場合は必ず納得いくまで診察を受けるようにしましょう。

 

安心は禁物?

内臓に疾患があった場合は
なかなか目で見て判断することができない分、
どうしても判断が遅れがちです。

しかし必ず体の内側から何らかのサインを出してくれているはずです。

その1番よくわかるサインとして腰痛があり、
もう一つが腹痛というわけです。

これらが同時に起こっているわけですから、
かなりの危険信号だと言えるでしょう。

ちょっとしたことでもいつもとは違うという感覚はある場合は、
必ず病院で診てもらうようにします。

内臓の中に何かしら病気があった場合は
どうしても検査が遅れがちですので、進行が早いともいえます。

だからこそこういった症状がある場合は
早いの早めのチェックができるということになります。

 

おわりに

腰が痛くなるだけでなく、
おなかも痛み出した場合は要注意です。

内臓疾患など大きな病気を抱えている
可能性がありますので必ず病院で診てもらうようにしましょう。

安易に考えてはいけないことなのです。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-QA

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.