基本

女性必見!下腹部の痛みで考えられるいろいろな原因

更新日:

女性の場合はおなかが痛いという経験はしばしばあると思われます。
しかし単なる腹痛や生理痛によるものではなく、
特に下腹部に関して痛みを生じるような場合は、
一体どのようなことが考えられるのでしょうか?
この点につき見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

意外と見落としてしまうことも

女性の腹痛のほとんどが生理痛ということもありますし、頻繁に痛みが生じるということがありますので、どちらかというと軽視しがちになります。
また、男性と比べて我慢するという人が多いので、
本来の病気であるサインを見逃してしまう可能性が大きいのです。
ポイントとしては、少しでもいつもと違うような腹痛を生じたときは
必ず病院で診てもらうようにしましょう。

女性特有の病気も考えられる

下腹部が単純に痛いと言ったとしても生理痛だけではありません。
そこには子宮をはじめ、卵巣、卵管いった男性には無いものが多いので特に意識をしなければいけないのです。

男性と同じようにおなかが痛くなったとしても、少しでもおかしいなと思ったときは
病院で診てもらうようにしましょう。
早期発見がとても重要になってくるところなので、必ず調べてもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

さまざまな病気が原因に

生理痛以外に考えられる病気として以下のものが挙げられます。

まずは腰痛を伴ってなるものとして子宮内膜症が挙げられます。本来ならば子宮内腔にあるもの(子宮内膜の組織)が、それ以外のところにできる病気です。

次に挙げられるのが子宮筋腫です。
特に若い女性の間でこの病気が起こることが多く、決して珍しい病気では無いのです。
生理の際に血が多かったりした時などが当てはまりますので、
注意してみておきましょう。

他にも骨盤内感染症やひどくなってくると子宮がんや卵巣がんまで発展する場合もありますので、
必ず痛みを伴った場合、それがひどくなったり、
普段と違うなと感じた時はすぐにでも病院で診てもらうようにしましょう。

我慢はしてはいけない

女性の場合、なぜ我慢してしまう人が多いのかというと、
生理痛で少なくとも強弱の痛みを経験しているからだと思われます。

つまり多少痛いぐらいは耐えなければ、月一にくる生理痛のたびに病院にいかなければならない、それはいやだという意識があるからでしょう。

ですので結構きつい痛みがあったとしても、今回は少しひどい生理痛と思うぐらいで
あまり気にしない方がいます。

しかし血の色やその時の体調、およびいつもと違う変化が感じられるときは
自己判断せずに病院で診てもらうようにしましょう。
「検査受けて何もなければもうけもの」、このように考えることが大切です。
早期発見がすべてですので、必ず受診するようにしましょう。

おわりに

男性とは違って女性の場合はもともと下半身に痛みを生じることが多く、
少々のことならば我慢してやり過ごすことが多いのですが、
子宮筋腫や子宮がん等重い病気も潜んでいますので、必ず専門の病院に行って診てもらうことが大切です。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-基本

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.