基本

女性限定。左下腹部の痛みの原因はこれだ!

更新日:

女性の方で、下腹部でも特に左側が痛いという経験をもったことことはありませんか?
場所が場所なだけ、すごく気になるところだと思いませんか?

この左下腹部の痛みは一体どういう意味があるのでしょうか?

また男性とは違ってどのような違いがあるのか、そういった点についても見ていきます。

スポンサーリンク

左下腹部が痛くなってくると

男性の場合なら社会に出て仕事をしている関係で、人間関係のストレスがたまったり、
大きい仕事をしているなどすると、精神的にも疲れてしまうということがあります。
その結果を腸に痛みを生じたり、ストレスによる胃腸炎がおこるということも考えられます。

ところが女性の場合は男性と同じように仕事をしている方ならともかく、
男性と比べて状況的には軽いのでは無いかと思われがちですがそうではありません。
なぜならば女性の場合でも仕事だけでなく、家のなかの家事や子供がいる場合なら育児なども含めかなり重労働だからです。

ここで考えられる病状としては慢性腸炎などが考えられます。それは日常におけるストレスなどが原因となって起こる腸炎をいいます。

少しでもいつもと違うな、違和感を感じると思ったときは病院に行くようにしましょう。

女性特有の病気も

過敏性腸症候群など腸に関する病気がほとんどだと考えられますが、
女性だけに絞って考えてみると男性とは違った特徴が出てきます。
その点について見ていきたいと思います。

子宮筋腫や子宮けいガンなどが考えられます。
どちらかというとこれらの病気は鈍い痛みであったりとか、初期症状ではほとんど自覚症状が現れません。

気付いたときには結構進行していたということが考えられます。
定期的に検査を受けたり、かかりつけの病院などで検査を必ずしてもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

なぜ女性特有なのか

女性だけにしかないものとして、子宮や卵巣などが考えられますが、
男性とは違って女性の場合は日ごろから体の構造上、便秘などになりやすいです。

となると少々の腹痛が起こったからって言っても、ちょっときつめの生理痛が来たとしても
我慢してしまう傾向があり、初期段階にほとんど症状が見られない、その他の病気を見過ごしてしまうことの方が多いからです。

ちょっとでも普通とは違う違和感を感じたり、定期的に検査をいっているものの、やはりどこか心配だと感じた時は、必ず病院に行ってもう一度検査を受けるなり、先生に診察してもらうようにしなければなりません。

普段からのこころがけが大切

女性だから何か特別なことをしなければならないというわけではありません。

男性と同じくストレスができるだけかからないような生活したり、食生活を改善し規則正しい生活を行うこと、また睡眠不足にならないようにできるだけ睡眠を心がけるようにしましょう。

おわりに

精神的にくる腸の病気ならば急性であっても慢性であっても、それほど心配はないと言えるのですが、女性特有の病気、子宮がんや子宮頸がん、子宮筋腫になっていることも考えられますので、定期的に検査受けるなど心がけるようにしましょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-基本

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.