QA

腹痛なのにトイレに行っても出ない!何のサイン?

更新日:

 

本来ならば腹痛の時、
下痢か、そうでなかったとしても、
軟便はあったりして
しっかりと外部に便を排出したいという
気持ちが出てくるはずです。

仮にそのような気持ちがあったとしても、
トイレに行ってしようと思って
もでないという時があります。
これはどういうことを意味しているのでしょうか。

スポンサーリンク

便意があるのに意見が出ない

トイレに行って便をしようという気持ちがあるのにもかからず
なぜか出ない、
腹痛があるのでトイレに行ってみた、
したいと思うのだけれどもなぜか出ない、
といった症状があるときには
どの様なことが考えられるのでしょうか。

例えばおなかを下しているときに
ほとんどのものを排泄していたという場合に
便意を催してトイレに行ってもでないと言う場合ならわかります。
もともとおなかに溜まっているものが
全て出ているわけですから
いくら便意を催したとしても
出るものがなければ出ないからです。

しかしそうではなく、
明らかに便が溜ってるのもかかわらず
でないとなると
これはどういった意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

代表例としては便秘

おなかが痛くなって
排便を催すにもかかわらず、
出るものが出ない時と言うのは
便秘である可能性が高いでしょう。

下痢でおなかを下しているような感じの痛みではなく
単なる排便をしたいと思うような感覚の腹痛の時、
それでもなお便が出ないという時、
間違いなく便秘であると言うことが言えるでしょう。

これは女性の方にとても多く、
悩んでいることです。
解決策としては、
便意を催し、それがきちんとスムーズに排出されるような薬を
飲むか、もしくはマッサージをするなどして
しっかりと出す必要があります。

またおなかがゆるくなるようなお茶を飲んだり、
日ごろから適度な運動心がけるようにして
腸の運動をしっかりと起こすように
働きかけることも大切になってきます。

 

過敏性腸症候群の可能性も

おなかが痛いにもかかわらず、
また便も溜まってるにもかかわらず
トイレに行っても出ない、
トイレに行く気すらも起こらない
つまりは単純に腹痛だけといった場合は
過敏性腸症候群ということが考えられます。

ストレスがかかったり、
極度の緊張などで起こる
過敏性腸症候群ですのです。

それらの障害がなくなったら
自動的にこの痛みも症状も
和らぐと思われますが
普段からやはり胃腸が弱い方が
この病気になることが多いので
できるだけ普段から
胃を正常な働きをするように
自分自身で自己管理することが
大切となってきます。

少なからず過敏性腸症候群というのは
胃腸がとても苦しいと言う
ことを脳に伝えて
代弁してもらってる形なので
そのまま放っておくと
大きな病気にも繋がりかねません。

かりに体の内臓が異常にならなくても
精神的にかなりまいってしまったり、
鬱やノイローゼになってしまう可能性もありますので
注意が必要となってきます。

過敏性腸症候群に悩むよりかはこの病気になったおかげで
自分自身の体調管理にも気をつけるようになる
と考えればむしろ精神的に楽になるのではないでしょうか。

まずは胃腸に優しい食物からしっかりと取るようにすること。
後は意識的に生活を正しいリズムにし、
当然のことながら暴飲暴食はしない、
睡眠不足はできるだけ避けるようにする、
仕事ばかりするのではなく、
適度に休日を設けて、適度な運動することによって、
胃腸の働きを正常な形に常に維持することが
大切となってきます。

そうすることにより腹痛になったときでも
トイレに行って、でないということはなくなってくるはずですので
ぜひ普段から取り組むようにしたいものです。

 

おわりに

便秘であるか、
過敏性腸症候群であるかと言うのは
どちらとも判断がつきやすいでしょう。

ともに共通して言えることといえば
とにかく腸を正常な状態に戻すということ

これを心がけるためには毎日の生活で
自己管理をしっかりとすること。
これがとてもたいせつなことなのです。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-QA

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.