基本

お腹が・・・特に押すと痛い、その症状は?

更新日:

おなかが痛いと言う事は誰もが必ず1で2度経験しているはずです。
ところが、ある場所を押すと特に痛いという時ないですか?
どんな症状なのか、
わからないでいる方もおられると思いますので、
この点について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

押すといたいといってもそれは様々です

おなかが痛いといっても、
それがどの部分が痛いかによって病気も変わってきます。

それと同じように、
おなかが痛いといってもおさえる場所によってその痛みが違ってきますし、
その痛みがある時にはたいがいある特定の病気が考えられるのです。

この点について詳しく見ていきたいと思います。

 

みぞおちのあたりが痛い場合

へその上やみぞおちあたりが痛い場合は、どのような病気が考えられるのでしょうか?
胃炎がまずは考えられます。
他にも潰瘍や膵炎なども考えられます。
もう少し進んだ状態なると胃癌の方も同じような症状です。

また意外と思われるかもしれませんが心筋梗塞と言う可能性もあります。

おなかが痛いといったとしても、
実はこういった点でかなり広い範囲で痛みが生じることがありますので、
みぞおちのあたりが痛いなと思ったときは、
意外と心筋梗塞と言う可能性もある点、見逃してはなりません。

スポンサーリンク

右側の腹部の上側の場合は?

こういった特定の部位については
病気もある程度絞られてきますので、
1つの判断として見ることができます。

右側に位置するところを押すと痛い場合は
胆石性や急性肝炎といった病気が該当します。
お酒をよく飲まれる方が痛くなる場所だといえます。

肝臓がんや十二指腸潰瘍等も考えられますので、
結構この部分が痛くなった時は重要な病気しかも大きな病気なっていることが多いので、
必ず病院で診てもらうようにしましょう。

 

他の症状として

・右下が痛む場合
この場合は虫垂炎である可能性が高いです。
また女性の場合は卵巣腫瘍ということも考えられます。
痛みが激しいですので、すぐに病院に行って診てもらうようにしましょう。

・ひだりがが痛い場合は
胃がんや膵炎にある可能性が高い、または大腸がんなどもこの場合影響してきます。

・おなか全体に言える事
腸閉塞などの可能性があります。

このようにおさえる所によっては全く病気が違ってきますので、
一言でおなかが痛いというだけではわからないのです。

また痛みの激しさも違ってきますので、
おなかが痛いということ、おさえた場所がどこであるかということ、
その痛みがどのようなものかということ、
これをしっかりと説明できれば病院などで診察を受けたときでもスムーズに対処してもらえるはずです。

 

おわりに

おなかが痛いといっても、
おさえる場所によってはその病気が違ってきますので、
痛みが生じるところをしっかりと押さえてみる。

そして痛い場合はどういたいのかを、
必ず病院でその旨を告げるようにしましょう。

早ければ早いほど早期発見と言うことになりますので、
必ず押さえてみて痛みがどこかわかっておくようにしましょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-基本

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.