突然の激しい腹痛に効くブスコバンの効果!注意すべき副作用とは?

更新日:

さしこむような激しい腹痛になって病院に行くと処方される薬の中に「ブスコバン」という薬があります。

ブスコバンは急激な激しい胃痛や腹痛、動く事ができないほどのさしこむような痛みを感じた時に飲むと、胃の痛みをしずめていってくれるという作用のあるお薬です。なぜ激しい胃痛や腹痛に効果があるのかというと、胃や腸が緊張してしまったり痙攣をしてしまったりした状態を、薬の作用で正常な状態に戻してくれる有効成分が配合されているからです。

有効成分のブチルスコポラミン臭化物は胃腸鎮痛鎮痙攣なので、食後に動いた時の痙攣などによる腹痛や胃痛を、すぐに鎮静してくれるので腹痛持ちの方は常備しておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

市販されているブスコバンと処方薬は同じ成分?

ブスコバンA錠は病院などで処方されている胃痛・腹痛の鎮痛鎮痙剤です。有効成分でもあるブチルスコポラミン臭化物が、突然の激しい胃腸やお腹の痛みを鎮める作用があります。

市販されているお薬と処方薬が同じ成分かどうかについてですが、ブスコバンには錠剤とカプセルの二つのタイプが販売されています。当然市販薬としても同じようにブスコバンA錠とブスコバンMカプセルとして販売されています。気になるのは市販されている薬と処方薬の成分が同じかどうかです。

配合されている成分は量、質ともに同じ配合になっています。一般的なドラックストアなどで販売されていますので、緊急時のために購入しておくのもいいでしょう。

スポンサーリンク

ブスコバンは腹痛にどんな作用があるのか?

突然の激しい腹痛や胃痛にブスコバンを飲むと、ほどなくして痛みが消えていくので、どうしても緊急時には助けてもらってしまいますね。

どうしてブスコバンを飲むとあんなに激しかった痛みが軽減されるのでしょうか? それはブスコバンの薬の効果が痛みを取るのに優れているからです。ブスコバンに配合されているブチルスコポラミン臭化物は、抗コリン剤といって胃腸や腸などの痙攣を抑える作用があるのです。

実は胃腸や腸というのは筋肉でできています。その筋肉を動かす「アセチルコリン」が過剰に反応する事で激しい胃痛や腹痛を起こします。この筋肉を動かすアセチルコリンを抑える作用があるため、痙攣や緊張を和らげ胃酸の分泌を抑えて突然の腹部の痛みを和らげてくれるのです。

 

ブスコバンとお酒一緒に飲んだら副作用がある?

ブスコバンには抗コリン剤といって内臓の筋肉の痙攣や胃酸の分泌を抑える作用があるので、お酒と一緒に飲むのは良くありません

よく暴飲暴食などをした方にブスコバンは処方されますが、アルコールを飲みながらの併用は過剰反応を起こすので、ブスコバンの服用をしている間はお酒は残念ながら禁酒します。

お酒のほかにも車の運転を控えることも必要です。薬を飲んでも痛みが軽減されないなどの場合には、薬の効果だけに頼らずに専門医で検査を受けるなどをしましょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.