妊婦

基本

妊娠初期の腹痛と生理痛の違いとは?注意すべき腹痛の症状と対処法

投稿日:

妊婦

妊娠初期の腹痛と生理痛には違いがあるのでしょうか?もっともからだを大切にしておきたい時期だと言われている妊娠初期ですので、万が一腹痛を引き起こしてしまった場合はとても不安になってしまうでしょう。腹痛と言ってもさまざまな痛みがあるので、まずは原因をつきとめることが大切です。中には一般の腹痛のように妊娠とは無関係なものもあるので、心配いらない場合もあります

しかし生理は女性ホルモンと関係しています。よって生理痛に似た妊娠初期の痛みは、生殖器系や女性ホルモン系トラブルに関係していることが多いのが特徴だと言えるでしょう。ここでは少しでも心配や不安を軽くし、万が一注意すべき腹痛にも対応できるよう、妊娠初期に気をつけるべき腹痛の症状と対処法についてご紹介しましょう。

 

妊娠初期の腹痛と生理痛は何が違う?

妊娠初期の腹痛と生理痛は原因も痛みも異なります。まず生理痛は冷えによるプロスタグランジンというホルモンの過剰分泌が原因です。一方、妊娠初期の腹痛は妊娠による変化にからだが対応していることによって痛みが引き起こされてしまいます。このような違いがありますが、似ているところもたくさんあるのでもっと詳しくみていきましょう。

 

生理痛

下腹部に感じる痛みは生理痛の特徴です。胃腸系の腹痛とは違って下腹の奥のほうから痛む感じだと例えるとわかりやすいでしょう。そもそも生理痛の原因は子宮の収縮を促す「プロスタグランジン」というホルモンの過剰分泌によって引き起こされてしまいます。

生理になるとプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。プロスタグランジンは経血を体外に排出するために子宮の収縮を促します。収縮が強まると下腹部から腰にかけての痛みが引き起こされてしまいます。

他には子宮の出口の広さも生理痛に関係し、出口が狭いと経血が排出されにくいため、痛みを感じやすくなってしまうのです。産後、生理痛が軽減したという人がいる理由は、出産によって経血の出口が広くなったためだと考えられています。

特に冷えてしまったときに生理痛がひどくなってしまう原因は、冷えによって経血が体外へ排出されにくくなってしまうためです。経血の排出を促すためには子宮の収縮を促すプロスタグランジンを過剰に分泌することが大切なのですが、それによって生理痛が強まってしまうのです。このようなことから生理痛の大元の原因は冷えだと言えるのです。

他には女性ホルモンバランスや自律神経の乱れとも深く関係しています。ストレスなどが原因で自律神経の交感神経が優位的に働くと血流が悪くなってしまいます。すると経血の排出が滞ってプロスタグランジンが過剰分泌され、生理痛を招いてしまうのです。

このように生理痛はあらゆる要素が絡み合って引き起こされているのですが、プロスタグランジンの過剰分泌は痛みの大きな原因となっているでしょう。またプロスタグランジンの過剰分泌を招く大元の原因は冷えだと心得ておくのも大切です。

 

妊娠初期の腹痛

生理痛に対して妊娠初期の腹痛の特徴は

  • 生理痛よりも鈍い痛み
  • 腰痛も感じる
  • 広範囲にわたる下腹部の痛み

などです。ごらんいただいてわかる通り、通常の生理痛をグレードアップさせた痛みだと言えるでしょう。そのようなことから下腹部痛によって妊娠が判明するきっかけになったという方も少なくありません。

妊娠初期に下腹部痛が引き起こされる原因は、妊娠にからだを対応させようとしているからです。妊娠につれて大きくなってきた子宮がまわりを圧迫するために生じる痛みで、下腹部を締め付けられたり、キュッとしたりするような感じになると言われています。またつったような痛みも子宮を支えている靭帯の急激な伸びによって引き起こされているのですよ。

人によっては恥骨が痛んだり、チクチクしたりする人もいるようです。また医学的には証明されていませんが、着床の際に起こる「沈着痛」というものもあるそうです。そのようなものはないとされていても人間の誕生にはまだまだ未知なるものがあるので、もしそのような症状があっても不思議ではありませんね。

もし妊娠初期の痛みが長引いたり、強い痛みがあったりするようなら、万が一を考えてすみやかに産婦人科を受診しましょう。妊娠初期の腹痛でも実際に危険な場合もあるので注意が必要です。

 

妊娠初期の腹痛(チクチク)はいつからいつまで

妊娠初期の腹痛はすぐに始まります。数字に替えると妊娠1週目くらいから始まるのが一般的でしょう。また終了するのは1ヶ月くらいだと言われています。ただこれには個人差があるので、確実に腹痛が終了する時期を割り出すことはできません。

もちろん初期の間ずっと腹痛を感じる方もいます。

  • 妊娠中期に入ってもチクチク痛む
  • チクチクした症状は軽くなったものの、筋肉や皮がつっぱるような痛みに変化していった
  • 腰痛も感じるようになった

という方も少なくありません。

さらに妊娠が進むほど子宮が大きくなり胃腸を圧迫するため便秘がちになる方も多いです。また便秘によってチクチクとした痛みを感じる人もいます。特に妊娠初期は黄体ホルモンの影響で便秘がちになってしまうので、腹痛を感じることもあります。

人によって症状はさまざまですが、激痛や出血がないのであれば、妊娠初期の痛みは妊娠が順調に進んでいる証拠です。もし妊娠に気づいていない場合、生理がこないのにもかかわらず痛みを感じるのであれば、妊娠を知るきっかけになるかもしれません。個人差はありますが、妊娠初期の痛みはだいたい妊娠超初期から1ヶ月くらいまでに起こる症状だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

注意すべき腹痛の症状と対処法

妊娠初期の腹痛は経過が順調な証拠なので心配ありません。妊娠によって引き起こしやすい便秘や下痢・絨毛膜下血腫などの症状であればまず問題ないでしょう。しかし中には流産や子宮外妊娠などの、深刻な原因が隠れている場合もあるので注意が必要です。万が一深刻だったときのことを踏まえ、それぞれの腹痛の原因についての症状や対処法についてみていきましょう。

 

妊娠初期の心配のない腹痛

はじめは卵くらいの大きさの子宮ですが、妊娠しておなかの赤ちゃんが成長していくにつれて大きくなっていきます。特に妊娠初期はあっという間におなかの赤ちゃんが成長していく時期。急激に大きくなっていくため子宮がまわりを圧迫したり、子宮を支えている靭帯が急激に伸びたりするとすることによって痛みを感じてしまうのです。

チクチクした痛み、締め付けられる痛み、つっぱる痛み…など個々に症状は違いますがどれもおなかの赤ちゃんがいる環境を整えるために起きるので何も心配はありません。特に妊娠初期に強く感じる方が多いですが、中には中期や後期でも痛みなどの違和感を感じる人もいます。小さかった子宮が急激に大きく変化していくのですから、痛みがあっても不思議なことではないと言えるでしょう。

もし妊娠が判明していない場合は、

  • つわり
  • 胸のはり
  • 生理前のイライラに似た症状や気分の浮き沈み
  • 体温の情報

などがあれば、妊娠による腹痛の可能性は高いと言えるでしょう。そのような症状を感じたらすみやかに妊娠をチェックしましょう。

特に対処法もありませんが、妊娠初期はムリをしてはいけないので自分のペースをこころがけて生活するのがベストです。もし激しい痛みを感じたり、出血が続いたりする場合はすみやかに受診してください。深刻でない場合もありますが、まずはデリケートな時期なので原因を突き止めて対処する必要がありますよ。

 

流産の腹痛

流産によって腹痛を引き起こしてしまうので注意しましょう。流産とは妊娠したにもかかわらず、早い時期に赤ちゃんが死んでしまうこといいます。赤ちゃんは妊娠22週より早い時期ではお母さんのお腹以外では生きていけません。よって何らかの原因によって22週前に妊娠が終了してしまうことをすべて流産と言います。

流産の症状は下腹部の継続した強い痛みが特徴でしょう。たとえるならばギュッと締め付けらたり、ズキズキしたりするような痛みになります。また出血・破水・つわりがなくなる・急激な基礎体温の低下・胎動がなくなる…などの症状も現れます。出産を経験している方ならわかるかもしれませんが、はじめは弱く徐々に強くなるという、強い生理痛のような痛みを伴うのも特徴でしょう。

もし腹痛を感じたのなら横になって安静にします。1時間くらい横になって解消されたとすれば、まず心配ないとされています。しかし痛みが続いたり出血が続いたりするようであれば、すみやかに受診することが大切でしょう。

流産の原因の多くはいろいろありますが、必要以上に心身へ負担をかけてしまうことによって引き起こしてしまいます。よって激しい運動や動作・ストレスや不規則な生活を避けてリラックスして過ごせるようにこころがけましょう。

 

便秘による腹痛

妊娠中の便秘によっても腹痛を引き起こしてしまいます。便やガスが腸内に溜まることで腸が張ってしまい痛みを引き起こしてしまいます。また張った腸が他の臓器を圧迫することによっても便秘や腹痛の原因になってしまうでしょう。妊娠していてもいなくても同じように便秘による腹痛が起こるのです。

特に妊娠中は便秘を引き起こしやすいのですが、その原因は女性ホルモンのひとつ「黄体ホルモン」が優位的に分泌されるからです。黄体ホルモンは赤ちゃんをおなかで育てるためにかかせないホルモンですが、体内に水分を溜め込む性質があります。よって腸内にある便の水分を吸い取って排便を困難にしてしまい、痛みを引き起こしてしまうのです。

特に妊娠初期は黄体ホルモンが盛んに分泌されるので便秘がちになります。しかし中期頃からは子宮が大きくなってきて胃腸を圧迫するので便秘を引き起こしがちになってしまいます。妊娠前から便秘しやすかったという方はより排便が大変になってしまう傾向にあるので注意しましょう。

対処法は通常の便秘解消と同じように食生活に気をつけましょう。しかし激しい運動は流産の原因になってしまうので避けてください。あまりにもひどい場合は市販の便秘薬は使わず産婦人科を受診しましょう。薬の過剰すぎる作用が腹痛の原因となり、妊娠経過を乱れさせてしまうおそれがあるので適当に使わないほうが無難ですよ。産院では漢方薬などを処方してくれるので指示に従って使用しましょう。

 

下痢が原因となる腹痛

妊娠初期は下痢になりやすいと言われています。その理由は受精卵の着床によってホルモンバランスが急激に変化し、自律神経にも乱れを生じさせてしまうからです。ホルモン分泌を促すための脳と自律神経をつかさどる脳は近いため、どちらかが変化すればどちらも乱れてしまうというように連動しているのです。

自律神経は意識しなくてもからだを動かす役割をしています。たとえば心臓を動かしたり、血液を流したり、暑いときに汗をかいたり…とすべて自律神経によって動いています。もちろん胃腸も同じこと。妊娠初期のホルモンバランスの乱れと連動して自律神経も乱れ、それによって胃腸の働きを低下させることで下痢を引き起こしてしまうのです。

女性ホルモンと自律神経は連動しているので、自律神経の乱れで女性ホルモンを乱れさせてしまう逆パターンもあります。まずは女性ホルモンのバランスや自律神経の働きを整えるため、たっぷり睡眠などの規則正しい生活やストレス解消を心がけると効果的ですよ。気分が沈みがちな妊娠初期ですが、ムリしないことも大切です。

また下痢は胃腸で引き起こされてしまうので腸内環境を整える食事を摂ることも大切です。つわりがある時期なので難しい場合があるかもしれませんが、なるべくなら生野菜や日本古来の発酵食品をしっかり摂ると効果的ですよ。

 

子宮外妊娠

子宮外妊娠してしまうと成長とともに腹痛を感じるようになってしまいます。子宮外妊娠には卵管妊娠・卵巣妊娠・頸管妊娠などがありますが、よく知られているのは卵管妊娠でしょう。子宮ではなくその名の通り卵管で受精してしまう妊娠で、卵管で成長してしまいます。狭い卵管で成長すると、卵管を圧迫するようになるため徐々に痛みもでてくるのです。

そのまま放置してしまうとやがて耐えられなくなり卵管が破裂して、大量出血や強い痛みを感じます。また血液が膣に溜まることによっても腹痛を起こすこともあるのだとか。最悪の場合、命にかかわることなので早期の発見が大切です。

現在では妊婦の超音波検診で子宮外妊娠を早期発見できるようになりました。よって万が一子宮外妊娠をしている場合でも、一般的には流産してしまうケースが多いのが現状です。しかしそれ以外は手術しなければ卵管が破裂してしまうので早期発見が大切です。

もし子宮外妊娠で流産した場合は基本的に不正出血が止まるのを待ちますが、安心するためにもしっかり産婦人科を受診しましょう。

 

絨毛膜下血腫

絨毛膜下血腫とは受精卵が子宮内膜に根を張っていくときに伴う出血です。絨毛膜と子宮内膜の間にできた血のかたまりで妊娠初期ではよく見られる症状ですが、この症状は異常ではありません。胎盤を作るために子宮内膜の血管が壊されるため出血を伴います。このときにできる血のかたまりを血腫といいます。

通常ごく少量の出血は体内に吸収されて自然になくなっていくのですが、量が多くなってしまうと出血したり血腫になったりします。出血があると生理痛と同じくプロスタグランジンが体外へ排出しようと働くため、おなかの腹痛を引き起こすのです。

絨毛膜下血腫は流産の可能性がありますが、治療法がありません。しかし血腫が小さく妊娠経過が安定していれば普段通りの生活が送れるのですが、場合によっては安静にすることが一番よいとされています。その場合は管理入院になる可能性もあることをこころえましょう。血腫はエコー検査で発見できるので早期発見して安静を心がけるのがベストでしょう。

絨毛膜下血腫はほとんどの場合、赤ちゃんの心拍数を確認して問題なければ無事に育っていきます。病院から処方された薬がある場合はしっかり服用し安静をこころがけましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期の腹痛の対処法

特に腹痛を起こしやすい妊娠初期ですが、軽減させるためにいくつか対処法をまとめたのでチェックしましょう。腹痛に限らず心身ともにデリケートな時期なので、順調な妊婦生活を送るためにもかかせないことがあります。リスクを軽減させるためのポイントがいくつかあるので、守るべきポイントと対処法をいくつかまとめてみました。

 

ハイヒールを履かない

妊娠全期を通してハイヒールは避けましょう。徐々に大きくなるお腹で体の重心を取りにくくなるため、転びやすくなってしまいます。またバランスの感覚も悪くなってしまうためにも避けたほうがいいでしょう。さらに腰などへの負担もかかりやすいので、より腹痛や腰痛を感じやすくなってしまいます。

また背伸びの体勢になるのでおなかが張りやすくなったり痛みが出たりする方もいるようです。今はマタニティヨガなどでも背伸びをするので絶対に背伸びがいけないとは言えませんが、妊娠初期は特に不安定な時期なのでからだに負担のかかるハイヒールは履かないほうが無難ですね。絶対にダメとは言いませんが、出来る限りスニーカーやローファーなどのフラットな靴を選びましょう

 

通勤ラッシュを避ける

基本的に人混みを避けたい妊娠期。特に通勤ラッシュは避けるべきでしょう。大混雑しているとおなかを押されてしまう可能性があり、注意のしようがありません。また電車のブレーキで転倒してしまうおそれもあります。また踏ん張るシーンも多いため、おなかの痛みや張りが出てしまうおそれもあって危険です。

とにかく通勤に限らず人混みは絶対避けたいので、通勤ラッシュの時間帯をずらすのが一番の予防策でしょう。仕事に遅れないためにも数本早めの電車で行くなど工夫してみてください。中期以降は妊娠経過が安定していれば1日1時間歩くことを勧められるので徒歩通勤でもいいでしょう。自分のライフスタイルや体調に合った方法を見つけ出してくださいね。

 

長時間の立ち仕事を控える

流産をしやすい妊娠初期ですが、長時間の立ち仕事が影響するということは考えにくいのが現状です。その理由は流産の多くは胎児に問題があり、ママが気を付けていても避けられないものが多いからです。よって立ち仕事をしたから流産した…ということは考えにくいでしょう。

そうは言っても立ち仕事が確実に大丈夫とは言い切れないところもあります。特に疲れやすくストレスがたまりやすい妊娠初期ですし、立ちっぱなしだとからだが冷えやすいため腹痛や流産のリスクも高まるという欠点もあります。

流産リスクではなくても妊娠初期に週25時間以上立ち仕事を行っている場合は、赤ちゃんの頭が小さくなる・低体重・逆子になりやすいなどのリスクがアメリカの研究でもわかっているのでムリは禁物ですよ。

 

おなかを冷やさない

妊娠初期に限らず妊娠中におなかを冷やしてしまうと、腹痛だけでなくおなかの張り・腰痛・便秘・むくみなどが悪化します。また血流が悪いと十分な栄養や酸素を摂ることができないため、逆子・低体重児・早産・流産などの危険性も高まるでしょう。

おなかを冷やさないためには赤黒い食べ物や根菜・みそなど日本伝統の発酵食品など温める食べ物を食べ、和食中心の食生活を心がけましょう。またパンや牛乳など白い食品や甘いもの・油ものはからだを冷やすので減らすことをおすすめします。口にするものは冷たいものよりも温かいものを心がけるのも効果的です。

軽い運動もいいのですが妊娠初期は不安定なので無理はやめましょう。また外側からはらまきや腹帯などで覆うのも温めるためには効果的ですよ。

 

重い荷物を持たない

妊娠初期に限らず全期を通して重い荷物を持つことでおなかに力が入り、腹痛やハリを引き起こしてしまう恐れがあります。とは言ってもそれは過剰すぎてしまった場合をさし、基本的には買い物袋を持つくらいでは何の問題もありません。ただ個人差があって、少し力を入れただけでも腹痛やハリを招いてしまう方もいるので注意しましょう。

対処法としては大量に買い物する場合は休日ご主人や母親と出かけるなど工夫してみてください。上の子が抱っこを要求した場合は座った体勢でも十分対応できますね。特に下腹部に痛みがあるときは流産などを避けるためにも重いものを持つのを避けましょう。万が一のことも考えられるので、自分のからだと相談しながら荷物を持つようにしてくださいね。

 

自転車に乗らない

妊娠初期だけでなく妊娠中全期を通して自転車に乗るのは厳禁です!もちろんそのような法律があるのではありませんが、バランスを崩しやすくなり転倒のおそれがあるのでおすすめできません。からだを保護するものが何もないので転倒したときの衝撃が思い切りおなかに伝わってしまい、危険な状態になってしまうおそれがあります。

スピードが出てしまい、歩いているときに比べると瞬時の判断が難しくなってしまう自転車は本当に危ないので注意しましょう。またペダルを踏むときの腹圧によって痛みやハリなどを引き起こしてしまうのもおすすめできない理由のひとつになります。おなかが大きくなりはじめる妊娠中期以降はペダルをこぎにくいという点からも避けるようにしましょう。

 

自動車は運転しない

自動車の運転が直接おなかの痛みな流産などに結びつくことはありませんが、注意しなければなりません。普段とは違っておなかが大きいため運転しづらくシートベルトが締めにくくなってしまいます。また同じ体勢で長時間の運転をすると、腹痛や腰痛の原因になってしまいます。

また中期以降は足元が見えず運転を誤る可能性があったり、妊娠中は眠気が強まり集中力が低下したりするため事故の恐れもあります。万が一おなかを強打してしまう危険性があるので注意したいところでしょう。このようにさまざまなリスクがあるので妊娠初期はもちろん、妊娠中は極力避けましょう。もし運転せずに同乗するのなら広々乗れる後部座席をおすすめします。

 

ストレスを解消する

全期を通してストレスは禁物ですが、特に妊娠初期はストレスを溜め込まないように注意しましょう。溜め込んでしまうと腹痛や頭痛だけでなくあらゆるからだの不快感を招いてしまうで注意が必要です。妊娠中でなくともストレスによる不快感を感じますが、特に敏感な妊娠中はその影響を受けやすいと言えるので気をつけなければなりません。

ストレスを過剰に溜めすぎてしまうと交感神経が活発になって血流が悪くなってしまいます。血液は赤ちゃんに栄養や酸素を送っているのですが、血流が悪くなると十分に行き届かなくなり流産につながると言われています。精神状態は思っている以上に影響を与えてしまうので自分なりのストレス解消法を見つけてリラックスを心がましょう。

 

まとめ

通常の妊娠初期の腹痛は順調な妊娠経過の証です。おなかの赤ちゃんが元気なので問題ありませんが、陣痛のような強い痛みを感じたり出血があったりする場合は、原因を突き止めるためにも受診が必要になるでしょう。子宮外妊娠などによる痛みがあった場合、適切な処置を行わなければならないこともあるので注意が必要です。

腹痛は生理痛とも似ているので区別しづらいですが、もし妊娠初期の症状であったら悪化させないためにもハイヒールをやめる・ストレスを解消するなどの対処法が必要になりますよ。特に過剰なストレスは妊娠初期のからだや胎児に大きな影響を与えてしまうおそれがあるので、いつも楽しい気持ちで過ごせるようこころがけてくださいね。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-基本

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.