基本

お腹痛いとき、意外な原因で起こっている!

更新日:

お腹が痛いとき、変なもの食べたのではとか、いじましく食べたからだとか言われますよね?
ところがそういった原因がはっきりと分かっているものだけでなく、
実は意外な原因で腹痛がおこっていることをご存知ですか?
その意外な原因について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

一般的にお腹が痛いという時

お腹が痛いと言うのは下痢を伴うのが一般的になりますよね?トイレに入ってだしてしまえば、それである程度は解決(鎮静)できるはずです。
食べ過ぎて、一気に胃腸に負担がかかってしまったときは排便をしたくなり、そのために腹痛が起こるというのはわかりますよね。

しかし別に便意を催すわけではなく、また排便をしたといっても、いまだに痛みがおさまらないということもあります。
実は、意外なところに原因があるということをご存知でしたか?
聞いてびっくりするようなことでおなかが痛くなるということがよくあるのです。

少しの刺激でお腹に痛みが

もちろん何か食べ物に当たってしまって、下痢になるということは想像できると思いますが、実は人間の体は意外ともろく、ちょっとしたことでおなかが痛くなるということが考えられます。

例えば、仕事でのストレスや精神的に何か抱えてしまってだけでも、
腹痛を起こしてしまうということがよくあるのです。
そういう時は、仮にトイレに行ったとしても解決するわけではありません。

解決法としては、まずその原因となっているストレスをなくしたり、
精神的にダメージを受けている原因物をなくしてしまうようにしなければならないのです。
精神的につらいときはなんと腸にダメージを与えてしまうのです。腸のトラブルがあったときは病気を疑う前に生活面を見るほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

女性の場合は便秘の疑い

他にもお腹が痛いという場合、特に女性の場合に多いのですが、便秘が挙げられます。
便秘になると排便をしろと脳から指令が出ます。

しかし腸の中で水分がたらず、排泄物が詰まってしまっていたりすることがありますので、なかなか出ようとしません。脳からの指令は相変わらず出ていますので、
そこに矛盾が生じるわけです。
その結果お腹が痛いということになるのです。

治す方法としては、だしてしまうのが一番いいわけですが、
それがムリな場合としては、便秘解消するための下剤を飲めばいいと言う結論になりますが、あまりお勧めできません。

なぜなら薬が慣れてしまうと効かなくなってしまうからなのです。
できることならば薬に頼らずに排便するようにしたいものです。

そのためには普段から食生活に気をつけて、食物繊維を含んだ食べ物を取ったり、水分を多く含む食べ物をとるなどして、できるだけ排便しやすい環境作ってあげることが大切です。

おわりに

お腹が痛いというのは何も食あたりや食中毒だけではありません。精神的なダメージを食らったときなどもいたくなりますし、便秘などによっても痛いということがあります。それぞれの原因がわかったら、しっかりと対処するようにしましょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-基本

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.