解消法

ブスコパンと腹痛、効果のほどはいかなるものか?

更新日:

腹痛が起こったとき、
とにかく痛みを取りたいと思うものですよね?

特に状況によってはトイレに行けないこともありますよね?

こういうときはブスコパンを使用するとよいということを耳にするのですが、
この効果はどんなものなのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブスコパンとは

この薬はいわば鎮痙剤なのです。
胃腸が痙攣したりするときなどは非常に効果的だといえます。

しっかりと効果が現れますので、腹痛を感じたとき、
これを服用するとしっかりと効果を感じ取ることができるので、
痛みを止めたいと思うような場面では非常に有効だと言えるでしょう。

ですので腹痛の時にブスコパンを使うと良いというのはある意味正解なのです。

となるとおなかが痛くなった時は、
この薬を用いることによってすべて解決することができるので
非常に有効ではないかとおもい、いくつか常備したいと思うかもしれません。

しかしそう考えるのは早計なのです。

なぜならば、すべてのおなかの痛みを取り去ることはできないからです。
つまりこれはもともと鎮痙剤である事は先ほど触れましたが、
痙攣による痛みに対しては非常に効果的なのですが、
それ以外の痛みに関してはきかないと考えた方がよいでしょう。

たとえば、キリキリと痛い場合や、
胃腸にそもそも病巣を抱えている場合は、全く効かないと考えてよいのです。
全く効果が出ないにもかかわらず、
痛みが継続する場合は、必ず病院で診てもらうようにしましょう。

ですので、胃腸が活発化し、体が反応しておなかが痛い場合は、
それによって胃腸が収縮したりするので、この薬を使うのが良いと言えるのですが、
それ以外の場合は効果がないと考えた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

ブスコパンの効果

もう少しこの薬について具体的に見ていきましょう。
じつは内臓の筋肉を動かしている物質があるのですが、
それを「アセチルコリン」といいます。

この物質「アセチルコリン」のはたらきを
抑える働きがあるのがこの薬の作用です。

つまり、消化管の痙攣を抑え、
腹痛を和らげることができるということになるのです。

 

ブスコパンの使用上の注意として

まず年齢的な制限なのですが、
15歳未満は使用しないようにしましょう。

子供さんが手に届くようなところに薬を置かないようにします。
また1日3回までにします。
そして1回服用すると4時間以上間隔をあけるようにしましょう。

また、副作用がありますので、
めまいや吐き気などがあった場合は、医師に相談するようにします。

そしてできるだけそのあいだはこの薬を服用しないようにします。
またアルコールと一緒に摂取することは避けましょう。
副作用が強く出る恐れがあるからです。

 

おわりに

腹痛に効果があるのがブスコパンですが、
すべての痛みに効果があるというわけではありません。

痙攣が生じるようないたみがある場合には、
非常に効果があるといえますが、使用法をしっかりと理解しなければならないので気をつけるようにしましょう。

 

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-解消法

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.