解消法

腹痛でチクチク痛いのが続く!簡単な治し方とは?

更新日:

腹痛が起こったときに
いろいろな表現の仕方があると思います。

音で例えるとするなら、チクチクとかズンズンとかキリキリなど
いろいろなあらわし方があると思います。

その中でもチクチクとした腹痛を感じる場合は
いったいどのような意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

表現するとしたなら「チクチク」と

腹痛になった時に
今の自分の状況を説明した時に音で例えるならば
チクチクと痛いと言った場合が考えられます。
その時にもし病気であてはまるとしたら
どのようなものが考えられるのしょうか。

1番考えられるのは過敏性腸症候群では無いでしょうか。
おそらく食あたりは食中毒などのような
あげくだしをするような感覚の腹痛で
チクチクといった表現をすることはありません。

むしろこの場合はトイレに行きたくても
結局はいかないですし、仮に全部出したいとしてトイレに行ったとしても、
結果的にはトイレで用をしないまま
終わってしまったという方が
多いのではないでしょうか。

その場合は単純に胃腸に負担がかかっている状況です。
まさに、チクチクと痛くなってくるわけです。

また極度の緊張する場面や
自分にとってとても嫌な場面などがきたときに、
よくおなかが痛いとか刺されたような感覚があると言い方をしますが
それこそまさにチクチクとした状態ではないでしょうか。

いわゆる胃腸に負担がかかって
その分非常にストレスがかかってる状況になります。
放置しておくと胃に穴が開いてしまい、
大きな病気につながりかねないので、
できればこういった症状がある時は、
すぐに専門医等に見てもらう必要があります。

スポンサーリンク

子供で考えられること

こういった表現をすると、と子供がよく言ったりします。
「おなかがチクチク痛い」という言い方をするはずです。

子供はそれほどストレスが抱えて
胃腸の負担がかかるというのはないでしょうから
ほとんどの場合、
過敏性腸症候群に当てはまることはないでしょう。

ではこの場合に、
子供がなぜそのようなチクチクと表現の仕方にしたかといえば、
夜に冷たいもの食べ過ぎておなかを出したまま、
寝てしまうなどした場合
体が冷えてしまって
結果的にチクチクと言いたくなる表し方をすのです。。

もちろんこの場合の対処法としては、
できるだけおなかを温めてあげるのです。
それだけでも十分に改善しますし、
チクチクとした感覚がなくなれば大丈夫だと言えるでしょう。

またこれは大人でも言えることなのですが、
かき氷やアイスクリームなど冷たいものを夏場にとることが多いと思います。
こういった時によくおなかを冷やして
下痢気味の腹痛が起こる時ありますが、
そういうときは大抵チクチク痛いと表現することが多いです。

 

女性の場合は便秘も考えられる

便秘がたまっていかんともしがたい状況になったときは
腹痛としてチクチクと痛いような感覚を持つ時があります。

こういう時はもちろん排便してしまうのが
手っ取り早い方法ですので
薬を飲むか、またはあったかいマッサージを施すことによって
外部に排出するよう心がけるよしましょう。

このチクチクとした表現の場合は
何かしら大きい病気を抱えているというよりも
むしろ精神的な病気やまたは不摂生などから来るものや、
他にも精神的ストレスを抱えていて
胃腸に負担がかかってしまうということもありますので
気を付かなければなりません。

 

おわりに

チクチク痛いという表現で
表される腹痛は
精神的にやられていることが多いということです。
このとき病気として考えられるのは
過敏性腸症候群である可能性も高いです。

また子供の場合は冷たいものの食べ過ぎの場合もこの表現を使ったりします。
また女性の場合は便秘の時も同じようなことが言えます。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-解消法

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.