病気

食後に起こる腹痛は大丈夫?胃潰瘍という意外な病気かも?

更新日:

おなかいっぱいになってよかったとおもいきや、
腹痛に襲われたという経験はありませんか?
またこの痛みは実際ところ大丈夫なのでしょうか?

病気ではないか気になるところですので、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

食後に起こる腹痛について

単なる食べ過ぎでおなかが痛いというのならわかりますが、
それほどたくさん食べているわけでもないのにもかかわらず、

腹痛が襲ってくるということがあります。

その時に少し確認してほしいことがあります。

おなかが痛くなることの他に以下のようなことがそ同時に起こったりしていませんか?
この点について見ていくとある病気が浮かんでくるのです。

・みぞおち辺りが痛くなりますか
・鈍い痛みやするどい痛み、どんな痛みでもいいので、その痛みにはなんだか特徴がありますか?
・おなかの張りがありますか
・胸焼けがしますか
・吐き気がしますか
・最近食欲不振になっていますか

これらの症状がある時というのは
実は危険な病気が潜んでいるという可能性が高いのです。

その病気は何なのか気になるところですが次で見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

胃潰瘍の疑い

上記のようなものに該当している場合は
実は胃潰瘍を疑って間違いありません。

食事を終えた後、独特の痛みがあったり、
上記のような症状が何点か当てはまるような場合は、
胃潰瘍である可能性が強いです。

そもそも元々急性胃炎などを患った経験がありませんか?
患った経験がある場合は胃潰瘍になっている可能性が高いのです。

とにかく胃潰瘍であることが該当した場合は、
すぐに病院に行って診てもらわなければなりません。

また食べすぎでもないのに胃が痛くなる場合は
上記のものに該当しないからといって安心せずとにかくいちど病院で診てもらうことをお勧めします。

とにかく検査が大事です

胃が痛いとか、腹痛が食後などに起こると言った時は、
何もなかったとしても、とりあえず胃腸の検査を受けなければなりません。

その検査する方法としては内視鏡検査やバリウム検査があります。
今の状況や進行具合などをチェックするには最適の検査だと言えるからです。

他にもピロリ菌の検査なども受ける必要があります。
ピロリ菌は胃の粘膜を破壊するほどの非常に強い細菌とも言えますので、必ず死滅しておかなければなりません。

放っておくと後々大変なことになりますのでこれを機会に必ず死滅するようにしましょう。

仮に何も該当せず単なる食べ過ぎだと言うことがわかったとしても、
暴飲暴食は控え規則正しい生活をするように心がけましょう。

胃が痛いという事をわざわざ危険なシグナルとして体から現れているのですから、
食事を控えめにするなど心構えが大切だということです。

おわりに

食べ終わった後におなかが痛くなるというのは
何かしらのサインであることに変わりありません。

一同胃腸の検査を受けることが大切です。

仮に何もなかったとしても規則正しい生活をすることは必ず意識付けるようにしましょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-病気

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.