体験談

私が行っている腹痛撃退法は、ストレスを取り除くこと

更新日:

234037

TT、45歳、男性、会社員。

毎日、自分に襲ってくる。襲ってくる腹痛。

原因は様々なのですが、お腹が痛くなると、普段の生活に支障をきたしてしまいます。

時と場合によって、自分なりの撃退法を考えて、実行しています。

腹痛は突然に訪れることから、常に自分で解決できる方法を持っておくことが大事です。

スポンサーリンク

毎朝、お腹の痛みで目を覚ます習慣に

朝、目覚めとトイレに行くのが、普通だと思います。しかし、自分の場合は腹痛で目が覚めるということが常態化しています。

これは、どうも精神的なのでストレスからくる下痢症状のようです。この時は、すぐにトイレに駆け込むようにしています。ただ、それだけのことなのですが、これが1日の始まりとして、必ず行う習慣にしています。

時には、出勤前に2、3回痛くなることもあります。この時は、必ずトイレに駆け込めるようにしています。というのも、最悪の場合は、通勤電車の中での腹痛です。

この時ばかりは、すぐには対処できないので、通勤ルートでいくつか飛び込めるトイレの場所を調べています。

ちょっと変な話ですが、これが一番、確実に治まる撃退法です。もし、場所を知らないと脂汗タラタラ状態です。

スポンサーリンク

仕事中でも、腹痛が起きる時はトイレの他に熱いお茶

仕事中に急にお腹が痛くなる時は、当然、トイレがあるので心配はありません。

しかし、一時期、それでも痛みが治まらないことがありました。その時は、お茶を飲むようにしていました。

 

ただ、お茶の飲み方にもパターンがあります。

  1. 始めは、ぬるめのお茶を飲みます。
  2. これですごし痛みが治まってくるのを待ってから、前より熱めのお茶を再度、飲みます。この時は、ほとんど痛みが収まっているのですが、まだ、お腹の中に違和感を感じています。
  3. そこで、最後に熱めのお茶を用意して、ゆっくりと飲むのです。

これを行うことで、不思議と急なお腹の痛みが治まるようになったのです。

 

治まる理由は、ハッキリとは分からないのですが、昔の話で効いたことがある話を思い出して、何となく効きそうな感じがしたので、行ってみると結構、効果があったのです。

 

最近は精神的なリラックス法で腹痛を抑えるように

お茶のおかげで、腹痛を治めることができる様になりましたが、元々、ストレス性から来る痛みとあって、これも対処療法的なやり方だと思っていました。

元のストレスを取り除かないと、いつ急に襲ってくるか分かりません。そこで、調べて自分なりの方法として行っているのが、腹式呼吸方です。

これは精神的なんで充足感をもたらすことは知っていたのですが、イザ実行してみると着実に効果が出てくるのでした。

腹痛の頻度も減ったことにも驚きでしたが、急に痛くなってもらう呼吸法を実践することで、ピタッと収まってしまいます。
特に朝の目覚めが腹痛がきっかけという悩みはほとんど解消されています。

腹式呼吸法は、慣れてくるとほんの数分でリラックスすることができますので、マスターして場所を選ばずにできること点でも、自分にピッタリの撃退法です。

 

まとめ

お腹が痛くなることは、誰でもあることです。

急な痛みの時に備えて、常備薬をカバンの中に忍ばせておくことも法方の1つです。

しかし、できれば薬に頼らず自分でできる対処法を見つけておくことは、とても大事な事だと思います。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-体験談

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.