解消法

腰痛に効く5つのツボとは?知っておけば腰痛はもう怖くない!

更新日:

腹痛のときに痛みが改善したり、ときにはすべて解決してしまうほど
効果的な「ツボ」があることをご存知ですか?
その場しのぎの時もありますし、
本当に痛みが治まったと言う位の効果的なツボについて
取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

腹痛に対応するツボを知っておくと本当に便利

急激な腹痛もそうなのですが、
どんな形であれどんなタイプであれ、
腹痛ほど嫌なものはありません。

薬を飲めばあっという間に治るとか、
トイレに駆け込めば、治ってしまうというのもありますが、
ちょっとしたツボを知っておくだけでも全然違います。

また、自分が腹痛になった時に、
自分だけが行うやり方ではなく、
誰しもが簡単に行えて、他人がとても腹痛で苦しんでる時などでも
そのやり方を伝えれば、
簡単にできるようなツボを覚えておくと
とても喜んでもらえるものです。
そこで、5種類の腹痛に効くツボをお教えしましょう。

スポンサーリンク

腹痛に効く5つのツボ

合谷(ごうごく)というツボ

手のひらの親指の付け根からまっすぐ伸ばした線と、
人差し指をまっすぐ伸ばす線との合流点がありますが
そこがこのツボとなります。

ここを一定の時間ぐっと押し付けるように、
しかも、かなり強めに押すようにすると効果的です。
腹痛だけでなく痛み全般に効くツボですので
是非覚えておくとよいでしょう。

またココをおすというのは、
誰にも気づかず簡単に押すことができるので
女性の方でもまたは重要な会議などで
なかなか抜けられない場面でも行うことができるので
知っておくと良いでしょう。

 

中かんと言うツボ

おへそちょっと上のところに位置する
ちょうどみぞおちの真ん中あたりになるのでしょうか、
ここを中かんと言います。

ここをぐっと抑えることによって腹痛は改善されるはずです。
ツボを押す時のコツがありまして
それは何かと言いますと、
少し息を吐きながらゆっくりと押すと効果的です。

 

肓兪(こうゆ)というツボ

ここはへその左右にあるツボなのですが、
へその左右指1本分ずらすだけでいいので、
外側に位置するところをぐっと押すようにします。

これだけでもかなりの腹痛が改善されると思われます。
おなかが痛い時は手のひらをおなかに当てて
腹痛であることを表現しますが、
その状態のときにグッとここのツボをとしておくと
かなり楽になるはずです。

 

温溜(おんる)というツボ

このツボは腕にあるツボなのですが、
ちょうどひじを折り曲げるところ、
手のひらをグーにすれば親指がちょうど上に向くと思いますが、
そのまま親指の所からひじのところまで
一本のラインを結べば、
ひじ間接と手首の真ん中のところに位置するところ、
ここが恩湯と言うツボです。
ここを押すことによっても腹痛が改善されるといえます。

足三里というツボ

腹痛と足とは関係ないように思われますが、
実は膝下の所、向こうずねのふちがありますが、
それの少し外側を左右の足ともそこを押すと良いのです。
ここも合谷のツボと同じく少し強めに押すと効果的です。

 

できるだけツボを覚えておく

このようにツボといっても結構な種類があるので
どれかひとつ覚えておくのも良いのですが、
出来れば全て覚えておいて、ひとつおしてもきかないときは
違うツボをすというような感覚で覚えておくとよいでしょう。

また手や足など腹部とは関係のないところにもツボがありますので、
女性など腹痛を周りから悟られたくないという時は
ここらをうまく刺激して周りからばれないようにするという点においても
ありがたいツボではないでしょうか?

 

おわりに

ツボを刺激するということは腹痛を改善したり抑えたいという
意味で行うのですが、
周りの人に悟られないようにしなければいけない場面などは
特に有効だといえます。
できるだけすべてのツボを覚えておいて、
対処できるようにしておくと良いでしょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-解消法

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.