基本

腹痛でキリキリ痛いのは?胃に負担がかかっている状態!

更新日:

腹痛といっても実に様々な症状があるわけですが、
その中でも限定して特に
「キリキリ」とおなかが痛い場合は
腹痛としてはどういった意味をもたらすのでしょうか。

また、他の痛みとは違って他にはどんな
意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

腹痛の中でも色々と音で表現できる

腹痛の時はよく音で
表現できると思われます。

例えばキリキリ痛いとか
おなかがぐるぐるしているとか
ちくちく痛いとか

ズンズン痛いとか
ドーンと重いとか
人それぞれによって
その腹痛のあらわし方が違うはずです。

しかしこれはとても大切なことで
お医者さんに説明するときには
必ず自分が今どういう痛みなのかという時に
この音で表すと言う感覚を
覚えておくとよいでしょう。

なぜならばお医者さんはその音がどのようなものかという事を聞けば
大抵の病気が推測することできるからです。

本人にしか分からない音の表現ですので、
具体的にどんな感じかということを、
しっかりと覚えておくようにしましょう。

スポンサーリンク

「キリキリ」で考えられること

このキリキリに限って言えば
胃に負担がかかっている状態のときに
起こりやすいと言えるのです。

それを考えると、ほとんどの原因と考えられているのが
ストレスです。
過度にストレスがかかると
1番最初にその支障を感じるのが
胃腸です。

ですので、胃酸が出すぎたり
それが原因となって時には胃に穴があいたりするなどします。

それをもとに、
急性胃炎や胃潰瘍などにつながってきますので、
キリキリと言う音が表現として
ピッタリだなと思った時と言うのは、
何かしら胃にストレスがかかっている
証拠だと言えます。

もちろんこの場合は大抵はストレスになっている原因が
分かっていると思われますので、
仕事の内容を減らしたりとか、
人間関係がうまくいってないときは
その改善に努めるようにしましょう。

またそれらのことができなくて
ストレスがたまっている場合は
あまり気にしないようにすることが大切です。

胃にストレスがかかるほど
重荷になっている場合、
さらにそこで胃の病気になってしまうと
余計につらいものです。
なるべくならあまり考えないようにして、
胃を正常な状態に戻すことの方が大切です。

また胃にストレスがかかっていない場合は、
腸にストレスがかかっていることが考えられます。
そうなると考えられる病気としては、
過敏性腸症候群ということになります。

この場合もストレスが原因になっていることが多いので
そのストレスを極力排除するようにしなければいけません。
ストレスだけでなくプレッシャーや度重なるトラブルなども
胃腸に負担をかけてしまうことになりますので
なるべく早く取り除くか、
忘れるようにしましょう。

こういった症状が見られる方というのは、
どちらかというと神経質なタイプの方が多いので、
自分ではなかなか治らないと思われる方がいたなら、
胃腸関係の病院に行くよりも、
心療内科などを先にいって、
精神的なストレスについて
どう取り除いたらよいのかということを
相談するのも1つの手だと考えます。

また全く違う症状で言える事としては
普段よりも極端に食べる量が多かったりした時も、
このキリキリと痛むと言う感覚があったりします。

こういった時は胃腸薬を飲むなりして、
胃を正常な状態に戻してしまうのが
1番の得策だと考えます。

 

おわりに

腹痛の中でも音で表現すると
いろいろな表現の仕方がありますが、
その中で「キリキリ」という表現ができる場合は、
胃腸に神経的なもの、精神的なストレスがかかっていると考えられますので
そういったものを取り除くことから考えていきましょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-基本

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.