解消法

急な腹痛の対処法!誰にでもできる簡単な方法とは?

更新日:

「こういう腹痛のときにはこのように対処する」
といった具合に何らかのマニュアルがあれば良いのですが、
ほとんどの方がトイレに駆け込むなどして事なきを得る、
のが一般的ですよね?
しかし、この場面にはこのような対処する、
みたいな事を知っておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

考える猶予もない腹痛

腹痛があったとしても、
急に腹痛が起こるというのは本当に大変だと思いませんか?

なぜならすぐにトイレに駆け込むわけにもいかないですし、
我慢しようと思っても、この痛みだけはどうしても我慢ができません。
また腹痛があるときは、同時に下痢になっていることが多いと思われますので、
それを我慢しようと思えば冷や汗も出てきますし、
すぐにでもトイレにに入って処理をしたいと思うものです。

しかしいざという時に、何とかしてこの腹痛を取りたい、
一時的であってもこの痛みから解放されたい、
またはちょっとの時間を稼ぐという意味でも、
トイレに駆け込む時間を少しでも稼ぎたい、
と悩んでいる方が実にたくさんいるはずです。

また男性とは違い、女性の場合は
おなかが痛いからって言ってトイレに駆け込むと言うのは、
なかなかしにくいですし、恥ずかしいと思いますよね?

なるべくなら自分が腹痛をおこしているということを、
まわりから悟られる事ないように立ち振る舞うためには
どのような対処すればいいのか知りたいものだと思われます。

スポンサーリンク

その場での対処について

腹痛にきくツボというものがありますので、
そこを刺激することによって、
一時的でも腹痛を取り除いたりやわらげることができます。

また周りの目が気にならなかったなら、
おなかをぐるぐると時計回りに手で回してあげると
あったかくなって少しは和らぐと言われています。

他にも急な腹痛のときには、
薬局などで売られている薬を飲めば、
なんとかその場をしのげると言うものもあります。

しかし、それは必ず薬をカバン中にいれていくなど
常に準備しておかなければならないことが
前提となっていますので、
急に痛くなった時などは対処することができないでしょう。

その場で薬を取り出しにくい、またはとりだせないとか、
トイレに行くことができないとか究極の状況の時、
それこそ高速道路でなかなか動かないような渋滞に巻き込まれた時や
満員電車に乗ってにっちもさっちもいかないときなどが挙げられます。

腹痛から30分以内にはトイレに行けるという前提で
その間だけでもなんとか腹痛に対する対処がないものかと思われますが、
考えられる方法としては実に単純明快なんですが、

「他の事を考える」ということです。
おどろかれるかも知れませんし、
ばかばかしいと感じる方もいるかもしれません。
しかし、腹痛以外に意識的に違うことを考えるのが
意外と効果を発揮するのです。

内容についてはどんな物でも構いませんが、
自分がその腹痛の状況の中でも
忘れてしまうようなことを思い浮かべるようにしなければなりません。

今自分が痛いということを忘れるぐらい
集中しなければならないのです。

単純明快なのですが、なかなか厳しく
すぐに腹痛のほうに神経がいってしまいますので
うまくはいきませんが、
少し違う視点を持っていくことによって、
ある程度の短期間の時間であれば時間稼ぎできるものだと思われます。

 

おわりに

ツボを押さえたり薬を飲むなど
いろいろな対処法がある中で「他のことを考える」
と言うのは簡単にできますし意外な方法かもしれません。

しかしこれに慣れておけば、トイレに行くまでの間の
時間稼ぎに十分有効な方法だと言えるでしょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-解消法

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.