病気

腹痛と吐き気には大きな病も?腹痛チェックと吐き気で診断

更新日:

腹痛だけでもとても辛いのに、
それと同時に吐き気を催すということもありますよね?
上からもどす、下からくだすとなれば、
本当に困ってしまいます。

ではなぜ腹痛が起こったときに吐き気を催すこともあるのでしょうか?

スポンサーリンク

腹痛と吐き気の関係について

腹痛だけでなく、吐き気を催す場合は、
以下のような手順に従ってチェックしてみましょう。
吐き気を伴うということは、
大きな病気が潜んでいる可能性がありますので、
まずは詳細にチェックしてみましょう。

・腹痛の箇所はどこですか?
へその辺り、へそよりも下の部分、右脇腹、左脇腹など、
どこが痛むのかを把握します。

・痛みの種類はなんですか?
押さえつけるような痛みですか、
キリキリと痛みますか、
いたんだり和らいだりしますか、
グッと差し込まれるような痛みがありますか。
自分がどの種類の痛みであるかということを把握します。

・その腹痛の間隔はどうですか?
腹痛が起こってから短いですか、長いですか。
またそれらが交互に襲ってきますか。
一時的収まっても、
また急激に痛み出すなど症状がありますか。
自分の今の腹痛の間隔を把握しましょう。

チェックは大まかにこんな感じで行ってください。
細かくその腹痛を分析すれば、
病院での診察のときでもかなり助かります。

次に吐き気ですが、
吐く回数について一回だけで終わりましたか?
もしくは何回も続けて戻していますか?

出すものがないにもかかわらず、まだ吐こうとしていますか?
吐いた後、腹痛は治まりましたか?

このように吐き気についても細かくチェックしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

大きな病が潜む場合も

上記の腹痛のチェックが終わり、
その次に吐き気についてのチェックしたあと、
その結果を必ず
専門医に診てもらう必要があります。

なぜならばチェックした状況によると、
その腹痛と吐き気との関係により、
大きな病気が潜んでいる可能性があるからです。

腹痛は体から発する危険信号の場合が多いのですが、
なおかつそこに吐き気を催すとなると、
かなりの危険信号だと言えるからです。

例えば、急性肝炎、肝臓癌、肝硬変といった肝臓に障害をもたらす場合も、
こういった症状が出るのです。
とても大きな病ですので、
すぐに専門医にかかって治療を受ける必要があります。

他にも幽門狭窄、膵臓ガン、慢性腹膜炎、横隔膜下膿瘍、胆嚢結石、総胆管結石なども考えられるのです。

腹痛と吐き気の関係はこのように深刻な病の
シグナルなのかもしれないのです。

吐き気があっても軽い症状の場合も

しかし全てが全て腹痛と吐き気がある場合に、
大きい病気であるというわけではありません。

例えば単純に食過ぎた場合などは、
急激に腸を刺激しておなかが痛くなることもありますし、
吐きたくなるということもあります。

また風邪で腸内環境が悪化し、
腹痛が起こる場合もありますし、
胃炎もあって吐き気を催す場合もありますので、
一概に大きな病気とすぐに結びつくと考えるのは早計です。

また食中毒の場合も、
腹痛と吐き気を同時に起こす場合もありますので、
まずは腹痛チェックをしてみて、
今の自分の状態を把握することが大切になってきます。

この場合も自分で勝手に判断せず、
専門医に見てもらう必要があるのは
言うまでもありません。

 

おわりに

腹痛と吐き気を感じる時は、
危険な病が潜んでいる可能性もありますので、
しっかりとチェックして対策を立てることがとても大切です。

腹痛があって吐き気を催したときは、
からだが「ちょっとチェックしてきてくださいよ」と、
言ってくれている合図だと思うと良いでしょう。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-病気

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.