解消法

腹痛とガスの意外な関係!たまったガスの超簡単な解消法とは?

更新日:

おなかが痛くなるといっても、
いつもの下痢の感じとは違って、
おなかが張っているような感じはありませんか?

そういう時はガスがたまっていて、
そうなっていることがあります。
おイモの食べすぎ?というわけではないとしたら、
原因はなんでしょうか?

スポンサーリンク

いろいろな要因がガスをためる

昔のようにお芋や豆類を食過ぎてガスが溜まってしまった、
みたいな話なら良いのですが、
普段と何ら変わらない食生活を送っているにもかかわらず、
その日だけとてもガスがたまったりすることがあります。

ガスがたまる原因としては色々ありますので、
それらについて見ていきたいと思います。

・食事の時に空気を飲み込む

食事中によくお話をして食べる人や、
食べるのが早い人は、
どうしても空気も食べ物と一緒に取り入れてしまう人が多いようです。
カラダの中に入った空気がガスとして
たまることになるのです。

そうなるとゲップとして出るか、
ガスとしてたまるかのどちらかになります。

 

・運動不足による

運動不足になると、
腸の運動も活発化しなくなり、
その中でガスがたまりやすくなるということがあります。

 

・体が冷えてしまっている

これも運動不足と同じで、
腸の運動が活発化されていないので、
どうしてもガスがたまりやすくなります

 

・ストレスによる

脳と腸は密接な関係にありますので、
ストレスを抱え込んでしまうと腸に影響を及ぼします。
つまり腸が正常に働かなくなるので、
その結果、ガスがたまりやすくなるということもあります。

スポンサーリンク

ガスが溜まったときの解消法

ガスが溜まったのなら、おならをしてしまうのが1番良いのですが、

女性の場合はそう簡単に出すわけにもいきませんし、
時と場合によっては、
オナラをすることが失礼なところもあるでしょう。

また、ガスが溜まってしまった時は、
おなかがはっている時なので、
そのおなかの張りを解消させるには、
運動するなどして腸の動きを活発化させるのが良いでしょう。

 

しかし、これでは会議の時や、
その場から離れることができないときなどは
運動することができません。

最近では薬でこのハリを取ることができるものも
販売されていますが、
昔から伝わる方法として、
最も簡単な方法があります。

 

それは何かと言いますと、
おなかに手をあてて時計回りに、
グルグルさすってあげるのが1番よいのです。

おそらくこうすることによって、
手の温もりや動いている時の摩擦の温もりなどで、
ちょうど腸を刺激することになり、
その中に溜まったガスが分散されて、
おなかの張りがなくなると思われます。

簡単にできますので是非やってみると良いでしょう

 

日ごろからできるガスの解消法

困った時は手で時計回りに
おなかをさすってやればいいのですが、
できれば普段からガスがたまりにくい体質にしたいものです。

そのためには適度な運動をするか、
冷え性の方はできるだけ
おなかが冷えないようにするなどの
工夫が必要です。

 

ストレスによるおなかのハリの場合は、
その場でストレスが解消されないという場合でも、
家に帰ってぬるま湯にゆっくりとつかるとか、
アロマオイルの香りを嗅いで
リラックスし心も体も
リフレッシュさせることが良いでしょう。
そうすれば腸の動きが活性化されるので、
ガスがたまりにくくなります。

もちろん早く食べる人は
ゆっくりかんで食事を味わって食べる
ようにすればいいのです。

 

おわりに

おなかの中にたまるガスは、
ゆっくりご飯を食べたり、
適度な運動するなど、
普段からそれらを意識して心がけることによって
解消されますので、
もしこのおなかのハリに悩んでる人がいたなら、
是非行ってみてください。

よく読まれている記事

2,585view

お腹が張って苦しい。時々キリキリと痛んで動けない。このような状態では、仕事や家事もままなりません。 こんな時、一番に考えられるのが「便秘」です。便秘になると、「お腹が張る」「ガスが出る」などと並んで、 ...

-解消法

Copyright© 腹痛Labo , 2018 All Rights Reserved.